冷えとりさん愛用シューズ「ダンスコ」とは?


こんにちは。

「冷えとりスローライフ」キュレーターの山内三咲です。

冷えとりを始めようとした時、必ずぶつかる壁。

それは「靴問題」です。

私の場合、こんな経緯がありました。

冷えとり靴問題、私の場合

 

冷えとり靴下を買って、早速履いてみる。

 

まず、1枚目のシルクの5本指。

うん、何だかいいみたい。

足がぽかぽかするみたい。

 

基本は4枚なのか、なるほど。

じゃあ先丸のシルクと、カバーソックスも足してみよう。

うん、これは良さそう!

でも、靴がきつくて入らない・・・!

どうしよう、靴も買い換えなくちゃダメなのか。

 

重ねて履くなら、サイズを大きめにすればいいのかな?

他の冷えとりさんは、どんな靴を履いてるの・・・?

 

私の場合ここまできて、ようやく冷えとりさんがどんな靴を履いてるのか調べ始めます。

基本的には1サイズ大きなものでいい、ということもわかりました。

 

ところが、調べるうちに「ダンスコ」という言葉がチラチラ目に入り始めます。

どうやら靴のブランド名らしい「ダンスコ」。

愛用の方々のお写真を見ると、木靴やガーデンシューズのような、コロンとした独特のフォルムがオシャレです。

 

冷えとりさんにはおなじみの方が多いダンスコも、まだまだ一般的には浸透してるとは言いがたいブランド。

ここで改めて「ダンスコ」について纏めてみます。

 

今更きけない「ダンスコ」のこと

ダンスコは1990年に創設された、まだ比較的新しいアメリカの健康靴ブランドです。

デンマークのクロッグ(木靴)を元に改良され、機能性とデザインの両方に優れ、足腰に負担の少ないブランドとして世界に広まっています。

http://www.cotte-hietori.com/cn29/pg956.html

 

健康靴ブランドといえば、日本ではドイツのビルケンシュトックトリッペンが有名ですが、ダンスコもじわじわと知名度が上がり始めています。

立ち仕事に従事する方はもちろん、リンネルでよく取り上げられることから、ナチュラル系ファッション愛好者に人気です。

 

リンネルは冷えとりの特集が組まれることも多く、靴下を重ねるというスタイリングとの相性が良いため、冷えとりさんには人気の雑誌です。

冷えとりさんには靴下を重ねても履きやすいサボタイプが好まれるようです。

 

冷えとりさんにダンスコは本当にオススメ?

私自身、まだダンスコを持っていないので、その使用感は興味津々。

そこで、ダンスコユーザーの冷えとりショップcotteさんに色々伺ってきました。

cotteさんとダンスコの出会い

cotteさんがダンスコを知ったのは2011年頃。

「ナチュリラ」または「大人になったら着たい服」というMOOK本だったそうです。

独特の木靴のようなフォルムと、コンフォートシューズというところに魅かれたのだとか。

元々偏平足気味で、長時間の外出では脚がむくんだり、足の裏が痛くなっていたcotteさん。

それをカバーするタイプの靴やインソールを選んでいたそうですが、ダンスコは見た目も可愛く、機能性も良さそうだということで買ってみたそうです。

初めて履いた時の感想

ダンスコを初めて履いた時、今まで持っていた靴とは比べ物にならないほど重みがあることに驚いたそうです。

ところが履いてみると、その重みが感じられず、違和感がない。

確かにダンスコは持ってみると重いので、未体験の私には不安なところでしたが、履くと気にならないそうです。

ソールで足底アーチを支えられ、足の甲がしっかりとホールドされる形のため、足と靴の一体感があるのだとか。

底上げしたような独特なデザインのため、背が少し高くなるようなので、身長153cmの小人族の山内には嬉しい効果です。

ダンスコのデザインバリエーション

cotteさんも仰っていましたが、冷えとりさんが履いているのはほとんどサボタイプか、サボに踵がついたような形のものです。

ただ、オンラインサイトを覗くと、他にもストラップシューズタイプなどフォーマルにも使えそうなデザインもあるようです。

この辺りは試したことがある方の感想を是非お聞きしたいですね!

http://www.cotte-hietori.com/cn29/pg578.html

cotteさんの「マイスタイル」のページより拝借。
冷えとりファッションに見えない、モードな着こなしのかっこよさは必見です!

まとめ

冷えとりさんにおなじみのダンスコ。

cotteさんのお話から推察すると、

 

靴下を重ねていても履きやすいサボであること。

「冷えとりさん」は身体への意識が高いため、履きやすさが重要であること。

健康靴にありがちなデザインのダサさがないこと。

ビルケンやトリッペンよりも厚底デザインが多いため、身長底上げ効果があること。

 

この辺りが人気の秘密のようです。

 

確かに、これは履いてみたいかも・・・?

ダンスコは東京・青山と名古屋に直営店がある他、全国のセレクトショップで取り扱いがあるようです。

こちらで是非お近くのショップを探してみてください。

 

ダンスコユーザーは冷えとりさんが多いので、店員さんも靴下重ね履きのお客様に慣れている人がいる、という話も聞いたことがあります(笑)

一度是非店頭で試着してみてくださいね!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です